社会保険 電子申請 マイナンバー


社会保険などに関する手続きをe-Govによる電子申請にしたいというニーズは、実はここ最近、急速に高まっています。 その理由は、マイナンバー制度の導入にほかなりません。 従業員のマイナンバーの管理方法に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか?労務管理をする際に社会保険とも紐付ける必要があります。今回は、マイナンバーと社会保険がどのような場面で連携しているのかをご紹介します。 マイナンバーと社会保険で 漢字氏名のデータを2つ持っている1.4. 目次 1.
e-Gov電子申請システムの、ご利用者向けマニュアルサイトです。一括申請では社会保険・労働保険関係手続を電子申請システムの公開仕様に基づき複数件まとめて申請・届出を行えます。 使えない文字がある場合の電子申請方法1.2.1. 行政手続き簡素化の流れが進む中、2020年4月以降に大企業を対象に社会保険手続電子化が義務付けられます。社会保険手続きの電子化はe-Gov申請などのAPIと連携したクラウドサービスも登場しており、着手しやすく、労務管理業務の効率化にもつながります。 電子申請で使えない漢字氏名と登録データ1.1. 厚労省は4月23日、3月から公表している雇用保険手続きに関するマイナンバーの取扱いについて、リーフレット「雇用保険手続の際には必ずマイナンバーの記載をお願いします。」を更新しました。 4月11日には関連するQ&Aも公開しています。

変更の内容は、マイナンバー欄の追加のほか、様式のa4縦判化、複数の様式の統合(被扶養者(異動)届と国民年金第3号被保険者関係届など)などとなります。 平成30年3月5日から使用していただく様式はこちら(「申請・届出様式」)からご確認ください。 電子申請で使えない文字1.2. 資料の添付を忘れた場合1.3.