年金 手続き 退職

年金の手続きを届け出る場所は市町村役場です。 扶養家族に入っている妻がいる場合は一緒に手続きを行うようにします。 退職をすると、税金や年金、保険の手続きが変わってきます。これまで会社が行っていたものを自分で手続きをする必要がでてきたり、種別を変更したりとやるべき手続きは多くあるでしょう。この記事では退職時のお金にまつわる手続きについてまとめます。

退職の厚生年金受給手続き!何をすればいいの? 退職した時の厚生年金の手続きは、 従業員の立場からすると、大きく 「直後の再就職先の有無」で変わります 。 退職後すぐに次の職場が決まっているなら、 元の職場から年金手帳を返してもらい、 そのまま次の職場に提出するだけ です。 退職後、国民年金に加入したい場合は手続きが必要です。本記事では、国民年金に加入する手続き方法をケース別に解説していきます。退職後は忘れずに国民年金の加入手続きを行いましょう。 退職後すぐには働かない場合、国民年金への切り替えが必要。期限は退職の翌日から14日以内だが、過ぎても手続きできる。国民年金には、免除や前納による割引制度もあるので要チェック!退職後の国民年金切り替え手続きの方法・お役立ち情報満載! 退職の流れと各種手続きについてご紹介します。退職交渉、業務引き継ぎ、備品返却、退職に伴う公的手続き…。これさえ見れば、退職時にやるべきことが分かるようまとめました。会社に返却するものや受領する書類のチェックリスト、煩雑な公的手続きの詳細など 退職後の手続きには保険や年金の切り替え、失業保険の申請などがあります。期限内に手続きしないと十分受給できなかったり、保険が使えなかったりするので、やることリストを作成し、余裕を持って手続きするようにします。 会社を退職した後、独立したり、直ぐに再就職しない場合は、社会保険から脱退することになりますので、「厚生年金から国民年金への切り替え」と、「退職先で加入していた健康保険から国民健康保険への切り替え」の手続きが必要になります。社会保険の脱退手続 退職した時点で今まで厚生年金をかけていた人は国民年金に切り替え手続きを行うようにします。. 退職の厚生年金 .

退職時は、在職中と違ってあなたが能動的に手続きを行う必要がありますが、手続きは年金や健康保険等非常に多岐に渡ります。 本記事や、記事内でご紹介した記事を参考に、一つ一つの手続きを漏れなく行っていただければと思います。