国立西洋 美術館 彫刻

国立西洋美術館のコレクションは、1959年に370点におよぶ松方コレクションが核となって始まりました。現在では、絵画、彫刻、素描、版画、工芸などの分野にわたり、およそ6,000点の作品を所蔵しています。ここでは、14世紀から20世紀初頭までの絵画と彫刻の作品59点を紹介します。 国立西洋美術館本館の建物は20世紀の建築界の巨匠、ル・コルビジェが建築したもので2016年世界遺産に登録されました。この美術館には前庭があり、入場料を払わなくても自由にロダンの考える人などの彫刻を見ることができます。でも考える人もカレーの市民も外国の美術館で見たことがある。 本「国立西洋美術館所蔵作品データベース」は、国立西洋美術館が収蔵する絵画、素描、版画、彫刻、工芸、書籍のオンライン版総目録です(一部の参考作品などを除き、ほぼ全作品を検索できます)。 上野公園にある国立西洋美術館、そこの前庭にある彫刻を紹介します。 美術館前の庭園は自由に入ることができ、いくつかある彫刻も見ることができます。彫刻はロダンの作品が中心で、考える人や大作である地獄の門が展示されています。